神奈川県にてドローン活用セミナーを開催

November 8, 2018

 日本屋根ドローン協会 (JRDA) は2018年11月1日神奈川県横浜市にて、ドローン活用セミナーを開催致しました。

 

登壇者

  • 日本屋根ドローン協会 (JRDA) 代表理事 石川弘樹

  • 株式会社CLUE 安達龍太郎

まず当協会の代表理事の石川より、屋根業界とドローン技術の未来を見据えて、当協会が遂行していく事業についての基調講演を行いました。

 

最近テレビや新聞、様々なところで耳にする「ドローン」という言葉。

ですが、そもそも「ドローンって何?」「何に使うの?」「日本屋根ドローン協会って?」

ドローンの知名度は上がってきたが具体的にどういうものなのか、ドローンを実際に飛行している所を見たことがない、まだまだそんな方々が日本では多いです。

 

そのようなドローンについて、基本的な話からドローンと屋根点検業の関係性に注目し、これから間違いなくやってくる業界の未来予測と、それに備えた協会の責務について講演しました。

      登壇者 日本屋根ドローン協会代表理事 石川弘樹氏

 

当協会の代表理事 石川の講演の内容は次のようなものです。

  • ドローンとは何か

  • 協会の設立経緯や今後の展望

  • 社会に対して協会が負う責務

 

代表理事の基調講演のあとで、当協会の理事 夏目が役員を務める株式会社CLUEから、ゲストスピーカーとして安達龍太郎氏を招き、実際の屋根工事業におけるドローンの活用事例に関する講演を行いました。

室内でのセミナーながら、トイドローンのデモフライトも行われ、会場は大いに盛り上がりました。

株式会社CLUE 安達龍太郎氏によるトイドローンのデモフライト

 

ドローンの活用メリットなどの話題を交えながら、同社の提供するドローンサービス 「DroneRoofer」の活用事例が紹介されました。

今回の当セミナーでは多くの方々に参加して頂くことができました。日本屋根ドローン協会(JRDA)が伝えて行きたい事は大きく分けて2つあります。

  • ドローンを活用し、屋根の点検の頻度を上げていく

  • ドローンを活用し安全に点検をして行く

次回の開催についても当ホームページに掲載して行くのでご覧くださいませ。

Facebookでシェア
ツイートする
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2019 一般社団法人 日本屋根ドローン協会 All Rights Reserved.